【TOTOユニットバスの選び方】シンラとサザナ/ プランの違いや気をつけたいポイント

製品紹介
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、

先日TOTOの浴室ユニットであるサザナとシンラを比較してお見積もりしたので

その際に「少しわかりにくかった点」をまとめてみたいと思います。

まずはプランとお見積もりを

サザナのプラン

今回はお客様のご要望であり、TOTOにしかない「自動洗い場洗浄」と「自動浴槽洗浄」を付与したうえで2機種を比較見積もりしました。

サザナ1616HTタイプPシリーズ
サザナ1616HTタイプPシリーズ
サザナ1616HTタイプPシリーズ/2
サザナ1616HTタイプPシリーズ/ 2

サザナというのはTOTOの戸建て用のユニットバスですが、特徴としては

  • 選びやすくバリエーション豊かな壁パネル色(上品な色柄が多い)
  • 床が柔らかく(足をついても痛くない)ホッカラリ床
  • オプションでオーバーヘッドシャワーがつけられる(リクシル同価格帯だと不可)
  • (除菌水で)自動洗い場洗浄、浴槽洗浄
  • (さらに)上記操作がスマホで遠隔操作できる

などといったメリットが特徴のユニットバスです。*マンションにも対応していますが、若干仕様が異なります。

オプションの床ワイパー洗浄について

浴室床洗浄は、いらないって人は最後まで要らないっていう意思が硬い方多いのですが、

すでに知っていてこの機能を求めてプラン依頼される方は最終的にもプランに組み込む方が多い気がします。

TOTO独自の「除菌水」を用いて、アカのたまりやすい床を毎入浴後自動で清掃します。

(何より「床ワイパー洗浄」はオプション追加費用が定価ベースで6万円程度なので、費用的に他を調整して取り入れる範疇の商品ということも魅力です。)

浴槽洗浄(おそうじ浴槽)も、今後歳をとってゆくうえで、掃除する腰への負担を減らしていという方や、兼業主婦で忙しく手間を省きたいという方にも人気の機能です。

浴槽のお掃除までつけようとすると20万円ほどかかりますので、多少ご予算に余裕があった方が良さそうですね

シンラのプラン

シンラはサザナの上位互換シリーズになり、選べるパネル色やオプションの数が増えます。

今回お見積もりしたのは、サザナの条件に加えて「片湯」「LED間接照明」が主な違いになります。

TOTOシンラHKシリーズGタイプ
TOTOシンラHKシリーズGタイプ

2つの金額差は??

上記2つの金額差がやはり皆さん知りたい部分かと思うのですが、

価格比較

サザナ:上記プラン定価¥1,752,950 - → 提供価格: ¥940,121-
シンラ:上記プラン定価¥2,289,000 - → 提供価格: ¥1,531,192-
*本体価格 **諸経費、及び既存解体処分、新規施工費除く。

ユニットバスにしてはなかなかの金額ですね。浴室乾燥機や自動洗浄がオプションとして付与されていますので、このぐらいの金額になるのかと思います。

またサザナとシンラでは、シンラの方がお値引率が低いのでシンラはサザナの1.5倍ほどの金額になってますね。

サザナ・シンラでプランする際に注意したい点

床ワイパー、おそうじ浴槽のリモコン、スマホ対応について

必ず”浴室乾燥機”をセットにしないと、スマートフォン連動のリモコンがつけられません。

それぞれ単品で取り付ける場合には、それぞれにリモコンが必要となるので、基本的には浴室乾燥機とセットで導入する前提で考えた方がよろしいかと思います。

ガラスドアの設定に注意

浴室入り口ワイドが狭すぎる場合(W700mm等)、ガラスドアの設定がないので、せっかく高級に仕立てたくてもポリドアを選定しないといけない場合があります。

シンラはカウンターなし不可

よくお問い合わせで多いのが「清掃性を良くしたいのでカウンターを外して水栓を下げて施工して欲しい」ということなのですが、シンラの場合にはカウンターを撤去したり、水栓を下げたりすることはできません。

予算と実際の金額、希望機能を照らし合わせながらプランニングしましょう。

いかがでしょうか。

金額もさることながら、なかなか希望予算に対して希望の機能を盛り込んだうえで複数のプランを調整してゆくというのは頭を使うものです。

ぜひご要望をお聞かせいただき、プロにお任せいただければ幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました